COLORS
Text Size :  A A A
  top    diary    review    gallery    bbs    friends    profile    mail  

●もうひとつの研究所 「クリスマスの足音」

Img_8f189c5d6123ba5937917179c6e6703b
クリスマス前に おもいがけずいただいた いわゆるパラパラ本

でもこれは まばたきする間も惜しいほど
ぐいぐい あっちの世界に引き込まれて
最後に にっこり 誰もが笑顔になるだろう

クリスマスの足音 なるほど こういうことだったのか

手のひらサイズで プレゼントに最適

●西村 佳哲 「今、地方で生きるということ」

Img_e39e0ff45f4b9260531db6f8a81e9b6d

震災後 どこでどう生きていくか
誰もが 考えていること

都市と地方 とらえ方に 目からウロコ
これからの 生き方
ひとりひとりの 生きざま
大切な人と語り合う きっかけにしたい本

●安野 光雅 「旅の絵本」

Img_6bf6016cf66cca1e61b10804fafa5756
立ち寄った古本屋さんで 目が離せなくなってしまった 旅の絵本

文字はなく ただ ただ 街や村の風景を
すこし高いところから 見下ろすようなアングルで
よく見ると さまざまなキャラクターや 前ページのつづきの物語が

見れば見るほど たのしい
おとなも こどもも 何年かごとに 見返したい
改訂版が手に入るけれど できれば初版で手に入れたい ステキなシリーズ絵本

●星野 道夫 「旅をする木」

星野さんの本を 読んでみたい と思いながらも たくさんある中から 選びきれなかったわたしに
会社の後輩が クリスマスプレゼントにと 突然プレゼントしてくれた本

きびしい自然を目の前に やさしく語りかけるような口調が 星野さんの人柄を 物語っている
ていねいな描写 心あたたまる人とのつながり   ゆっくり 時間をかけて 読んでいきたい

●ヨーガンレール 「ヨーガンレールとババグーリを探しに行く」

Img_680e0ac30c8ee19c4e010aaa9fe5a61d

ヨーガンレールさんの こだわり
彼はきっと ものすごく わがままな人 なのだろう (いい意味で)

   いいものが欲しい いらないものはいらない

それを徹底する きっかけになりそうな1冊
美術図録のような この本を見ていると Babaghuriのお店へ 出かけたくなる